« なんとか走りました! | トップページ | 病院通い »

ピアノを弾く喜び

 私は、近くの老人ホームで時々ボランティアコンサートをさせていただいています。約1時間ほど、お話をしながらの和やかな時間です。

 震災以降、演奏家としての無力さや、自分が音楽をすることの意味、人に音楽を教えるということ、そして人と人が関るということ、真心とか思いやり、本当の優しさとか厳しさ、信頼、信念…たくさんのことについて考えています。いまだ答えは出ませんが、少し時が経って、まず自分自身がしっかり自分に向き合い、ピアノに向き合い、日々真摯に取り組むことをもう一度やろうと思っています。半年以上ご無沙汰していたのですが、「ホームの皆さんどうしていらっしゃるかなあ。震災後、お元気なのかなあ。」と思いました。そしてこの日、久しぶりにコンサートをさせていただいたのです。本格的なクラシック曲も懐かしい日本の歌も、皆さん喜んで聴いてくださいます。コンサートの後、そっと届けられるお手紙や贈り物。申し訳ない気持ちですが、「また来てください。」とのメッセージが一番嬉しいです。わざわざ作っていただいたのでしょう、可愛いピアノのケーキもいただいて、ありがとうございますpresent

20110617

|

« なんとか走りました! | トップページ | 病院通い »

健康」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんとか走りました! | トップページ | 病院通い »