コンサート情報

ザ・ソナチネ 2010 ~高木裕美ピアノコンサート …艶の世界… ~

  穏やかな晴天に恵まれた12月5日「ザ・ソナチネ 2010 コンサート当日。前日のリハーサルは、ソロもトリオも順調に進み、映像スタッフも準備万端。今年は、「艶の世界」。今自分が一番弾きたいものを演奏しようと決めました。1993年に立ち上げたこの企画も、年月を経て、ファンの皆さまがピアノの魅力を共に楽しんでくださるようになりました。だからこそ年々、たっぷりとしたプログラムを受け止めてくださるようになったと感謝しています。「継続は力なり」です。「艶」の字は豊かな色と書きます。ピアノの豊かな音色を通して深い表現をしたい…と、ショパンの晩年の作品と、チャイコフスキーのピアノトリオを、信頼する仲間と共に精一杯お届けしました。

cameraブログ右欄のマイフォト「ザ・ソナチネ 2010」のページで写真集をご覧くださいcamera

Thesonatine20103 camera晴天のコンサート当日

Thesonatine20104 camera前半はソロでショパンを演奏.。どうしても弾きたかった晩年の作品は、細部にわたる表現と深みを持った色彩を創り出すことが課題でした。ピアノの可能性を広げることができるショパン作品の真髄をさらに追及していきたいと改めて感じる貴重な機会でした。

Thesonatine20105 Thesonatine20109 camera後半はチャイコフスキーのピアノトリオ。50分に及ぶ大曲でしたが、本番は3人共に集中力と自由さをもってのびやかに演奏できました。このトリオは最高の仲間です。この日「トリオ・ユミーズ」と命名。

Thesonatine201012 camera最後にザ・ソナチネ倶楽部員のリードによる「見上げてごらん夜の星を」合唱で会場は一体となりましたshine

noteザ・ソナチネ  2010 ~高木裕美ピアノコンサート…艶(つや)の世界…~note

【日時】2010年12月5日(日)午後2時開演(午後1時半開場)
【会場】福井新聞社 風の森ホール  
【出演】高木裕美(ピアノ)
【ゲスト】牧田由起(ヴァイオリン), 宇野哲之(チェロ) 
【演奏曲目】
♪ショパン/夜想曲 第13番 Op.48-1, スケルツォ 第4番 Op.54,幻想ポロネーズ Op.61
♪チャイコフスキー/ピアノトリオ Op.50≪偉大なる芸術家の思い出に≫
♪永六輔 作詞・いずみたく 作曲/見上げてごらん 夜の星を
※アンコール 後藤丹編曲/故郷による幻想曲

| | コメント (0)

ザ・ソナチネ 2010 ~高木裕美ピアノコンサート…艶(つや)の世界…~

 『ザ・ソナチネ 2010 ~高木裕美ピアノコンサート…艶(つや)の世界…~』noteのチケットが発売になりました。今年は、昨年に増して音楽たっぷりのステージをお届けします。年齢を重ねて、最近しみじみとピアノの多彩な表現を追求したい気持ちになり、今回は前半にショパンの大人の雰囲気漂う作品を。後半に、トリオのメンバーに来てもらって、チャイコフスキーのピアノトリオ・名曲≪偉大なる芸術家の思い出に≫を演奏します。倶楽部員リードによる「見上げてごらん夜の星」も楽しみです。もちろん、『ザ・ソナチネ』ならではのお話と映像も盛りだくさんですよ。響きの美しい『ザ・ソナチネ』らしい程よいサイズのホールで、あなたの心にピアノの音色をお届けしますheart02。チケットのお求めはどうぞお早めに。

noteザ・ソナチネ  2010note

~高木裕美ピアノコンサート…艶(つや)の世界…~

チケット絶賛発売中sign03

Thesonatine2010

【日時】2010年12月5日(日)午後2時開演(午後1時半開場)
【会場】福井新聞社 風の森ホール  
【出演】高木裕美(ピアノ)
【ゲスト】牧田由起(ヴァイオリン), 宇野哲之(チェロ) 
【演奏曲目】
♪ショパン/夜想曲 第13番 Op.48-1, スケルツォ 第4番 Op.54,幻想ポロネーズ Op.61
♪チャイコフスキー/ピアノトリオ Op.50≪偉大なる芸術家の思い出に≫
♪永六輔 作詞・いずみたく 作曲/見上げてごらん 夜の星を…他
【チケット】大人:3000円 高校生以下:1000円
【チケット取り扱い】福井新聞社読者センター,福井新聞まんなかプラザ,松木屋ミュージックファクトリー日之出店,三国観光ホテル
【問い合わせ】080-1962-6566

| | コメント (0)

2台ピアノの醍醐味~その①~

 7月24日のウィークエンドコンサート「デュオの世界 ~2台ピアノの醍醐味~」のため、本番前日にホールにピアノが運び込まれました。今回の特別企画には、大学はじめ、ヤマハ㈱と地元楽器店の支援、協力をいただきました。専門家はピアノの搬入等の様子はよく知っていますが、担当職員や学生たちは大きなピアノがどんなふうにして入るのかあまり知らない様子。トラックでホール前に到着した楽器が約30分で納められて、びっくりした様子でした。さあ、さっそくリハーサル開始です!

201007231 201007232 201007233

| | コメント (0)

2台ピアノの醍醐味

 ウィークエンドコンサート、上半期最後は特別企画『デュオの魅力~2台ピアノの醍醐味~』をお届けします。今回はこの活動に賛同・支援してくださっているヤマハ㈱と㈱松木屋の協力を得て常設の楽器に加えてもう1台ピアノを持ち込んでのコンサートです。

 演奏曲、ブラームス作曲の『2台のピアノのためのソナタ ヘ短調 Op.34b』は当初は弦楽五重奏として着想されましたが、試演の際に不評だったため破棄され、その後、2台ピアノのためのソナタ(Op.34b)として完成されました。さらに周囲の助言を得てピアノ五重奏曲ヘ短調 Op.34として書き直され、これがシューマンの同曲に並ぶ名曲として定着しています。

 小野さんとは、ピアニスト同士としての親交は長いですが、デュオを組むのは初めて。偶然にも同時期に「2台ピアノをやってみようか。」という話が持ち上がり

ました。作品選びからこだわり、結局、あまり演奏される機会のないこの作品を敢えて選んで練習に入ったのは良かったのですが、思った以上に難曲。技巧的かつ深い音楽表現を求められ、最初はそれぞれが自分のことで精一杯sweat01。それでも素晴らしい作品に魅せられて練習を重ねるうちに、ブラームスの響きや魅力を実感できるようになり、今は幸せな音楽作りの時を二人で過ごしていますnoteheart04note

 このソナタは約40分に及ぶ大曲で、ピアニスティックで壮大な構成。いかにもブラームスらしい重厚さ,緻密さ、情熱に溢れた名作。ピアノ五重奏曲として定着している現在、2台ピアノデュオで弾く、聴く機会はとても貴重だと思います。2台ピアノの醍醐味…アンサンブルとしての調和はもちろん、時にはお互いの主張をぶつけあったり、対照的な表現を作り出すのも2台デュオの魅力のひとつ。2台のピアノ同士の緻密かつダイナミックなアンサンブルと、ライブならではの二人の駆け引きを間近で楽しんいただきたいと思っています。ただし、毎回のことながら、当日、超満員が予想されますので、先着順で入場を制限させていただきます。入場できないお客様には本当にごめんなさい。

noteウィークエンドコンサート ~デュオの世界…2台ピアノの醍醐味~note

日時:2010年7月24日(土)午後6時~7時

会場:福井大学文京キャンパス アカデミーホール

出演:高木裕美(1st piano),小野隆太(2nd piano)

演奏曲目:ブラームス/2台のピアノのためのソナタ ヘ短調 Op.34b

Onotakagi1_2

| | コメント (0)

デュオは楽しい

 ピアノデュオの新しいパートナーと初めての練習がありました。以前から親しくしていましたが、昨年だったか、偶然にも「ピアノデュオをしましょうよ。」という話になりました。意見の一致sign02そう言ったら実現あるのみ。何を弾こうか、いろいろ考えて、ブラームスの「2台のピアノのためのソナタ」に決めました。

 この作品は最初に弦楽五重奏として着想され、その後、2台のピアノのためのソナタ(Op.34b)として完成されました。さらに、クララ・シューマンのアドバイスに従って、ピアノ五重奏曲として書きなおされ、名曲として定着しました。ピアノデュオ版は、クインテット版に劣らぬすばらしい作品で、ブラームスの管弦楽曲や協奏曲をも思わせる重厚感や多彩な表現があふれています。管弦楽曲や室内楽曲に劣らないボリューム感やスケール感と、ピアノデュオならではの細やかな情感や自由さ、意気や親密さを楽しむことができます。ということは、とっても難曲でもあるわけで・・・この日の練習も3時間集中lovely。音楽に真摯に取り組む彼との相性も良く、作品をできる限り深く読みながら、お互いの音楽性をぶつけ合おうということになりました。本番は7月24日notes。デュオはとっても楽しいですsign03

Img_1893_2

| | コメント (0)

春うらら・・・たゆとう心

 今シーズン最初のウィークエンドコンサートが今週24日に開催されます。今回はシューマンの美しいピアノ作品をお届けします。ゆらめくように幻想的なシューマン作品。感情の起伏をメロディに乗せて、多彩な表現ができればいいなと思います。

noteウィークエンドコンサート note

『高木裕美ピアノファンタジー ~春うらら・・・揺蕩(たゆとう)心~』

日時:2010年4月24日(土) 午後6時~7時

会場:福井大学アカデミーホール

出演:高木裕美

曲目:シューマン(リスト編曲)/献呈

    シューマン/幻想小曲集 Op.12・・・他

Cdschumann

| | コメント (0)

初春・・・情心音

 1月9日、2010年年明けのウィークエンドコンサートは、仲良し馬場信子さんとのコンサートで幕を開けます。福井へは約1年9か月ぶり。暮れに東京でご一緒のコンサートがありましたが、楽しかった~heart04。和楽器、洋楽器、対照的な演奏家同士ですが、実力はもちろん、礼節をわきまえた人間性、バイタリティあふれ、本人いわく「体育会系」の乗りが相性の良さにつながっているのだと思います。雪になる予報。でも福井大好きの彼女は楽しみにして来てくれます。ご期待ください。

noteウィークエンドコンサートnote
『初春(はつはる)・情心音(じょうしんおん)』

 新春プロ企画。馬場信子(琴)と高木裕美(ピアノ)が、にこやかステージを繰り広
げます。ソロと、デュオ。それぞれの楽器の魅力と共に、和洋混ざり合う多彩な音の世界
をお楽しみください。

日時:2010年1月9日(土)

開演:午後6時~午後7時

場所:福井大学文京キャンパス アカデミーホール〈先着96席〉

出演:馬場信子(箏), 高木裕美(ピアノ)

曲目:宮城道雄/『瀬音』,馬場信子/『しだれ桜』…(琴ソロ)
     宮城道雄/『春の海』,三宅一徳/夜の木洩れ日…(琴&ピアノ)
       千秋次郎/『風の歌・水の歌』…(琴&ピアノ)
        シューマン(リスト編曲)/『献呈』 後藤丹/さくら幻想曲(ピアノソロ)
Nob0ukoyumi20091213

| | コメント (0)

ザ・ソナチネ 2009 ~高木裕美 ピアノ七色気分~

 126日開催の『ザ・ソナチネ 2009 ~高木裕美 ピアノ七色気分~』のチケットが105日発売になりました。子供から大人まで誰もが楽しめるクラシックコンサート『ザ・ソナチネ』。音楽・トーク・映像あふれる独創的なステージでピアノの魅力をたっぷりとお届けします。前半は、サン・サーンス作曲『動物の謝肉祭』のピアノ独奏版をお届けします。楽しいお話と共に夢の世界へ。後半はあなたの心の故郷へ届くような作品をたっぷりとお届けします。

noteザ・ソナチネ 2009 ~高木裕美 ピアノ七色気分~note

【日時】2009126日(日)午後2時開演(午後1時半開場)

【会場】福井新聞社 風の森ホール  【出演】高木裕美(ピアノ)

【ゲスト】飴田彩子(お話) 宇野哲之(チェロ) 

【入場料】大人/3,000円 高校生以下 /1,500円(全自由席)

【演奏予定曲目】

・サン=サーンス:動物の謝肉祭(ピアノ独奏用編曲版,お話/飴田彩子)

・スクリャービン:練習曲OP.2-1・ラフマニノフ:前奏曲 Op.32-12

・ラフマニノフ:チェロとピアノのためのソナタ 0p.19

・井上陽水:少年時代…他

【チケット取り扱い】福井新聞社読者センター,福井新聞まんなかプラザ,松木屋ミュージックファクトリー日之出店,三国観光ホテル

Thesonatine20091_2

| | コメント (0)

秋・出会い ~フルート&ピアノ・・・デュオの世界~

 ウィークエンドコンサート下半期オープニング・プロ企画は、フルーティストの中務晴之氏
をお迎えしてお贈りします。ウィークエンドコンサートでは、シーズン全9回のうち、4回をプロ企画とし市民に提供しています。大学と地域を結ぶ質高い文化活動「ウィークエンドコンサート」に賛同した一流の演奏家が出演するため、とても人気があります。
 中務氏とは藝大時代の同級生。以来、お互いに演奏家としてまた、教育者としてそれぞれの道を歩んできましたが、音楽家として年輪を重ねた中での共演は本当に楽しみです。今回は、フルートの名曲を集めて、いろんな国の香りをお届けします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

noteウィークエンドコンサート 『秋・出会い~フルート&ピアノ…デュオの世界~』note

日時:10月24日(土) 午後6時~7時
場所:福井大学文京キャンパス アカデミーホール
     先着96席
出演:中務晴之(フルート),高木裕美(ピアノ)
曲目:ドップラー / ハンガリー田園幻想曲
     プーランク / ソナタ
       野田暉行 / 『日本のメロディ』より…
       ワックスマン / カルメン幻想曲    他
Wec091024

 

| | コメント (0)

春・きらめき~デュオの世界~

 7シーズン目を迎えるウィークエンドコンサートが4月25日にスタートします。今シーズンも全9回を予定していて、自主的に運営や演奏に関わる学生たちも張り切っています。5回予定しているプロ企画では、私の友人でもあり実力派として活躍中の演奏家達が、この活動に心から賛同し出演してくれます。今回は、昨年6月に共演したヴァイオリニストの浅井万水美さんを再びお招きします。今回は、「春・きらめきshinecherryblossomshine」。春風に乗って心地よく響く作品を集めてお届けします。今シーズンのオープニング企画にぜひお越しください。(http://homepage2.nifty.com/funfan/index.html

note『春・きらめき ~デュオの世界・・・ヴァイオリン&ピアノ~』note
日時:2009年4月25日(土)午6時~7時  
場所:福井大学アカデミーホール
出演:浅井万水美(ヴァイオリン),高木裕美(ピアノ)
曲目:平井康三郎作曲/幻想曲「さくらさくら」・・・ピアノソロ
    フォーレ作曲/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 Op.13・・・デュオ
    クライスラー作曲/愛の喜び・・・デュオ
    後藤丹作曲/朧月夜・・・ピアノソロ

Asaitakagi11

| | コメント (0)