健康

病院通い

 ここところ病院通いhospitalが続いています。高齢になった親が時々体調を崩し、そのたびにかかりつけのお医者様や大病院の検査とお世話になることが増えました。両親は年の割に若く見えて元気なので、これまで生活面はすべて本人に任せてきましたが、話を聞いていると、いつも「どこも悪くないと言われたscissors」というので、これはちょっとおかしいと思ったわけです。要するに病院嫌いだから、都合の悪いことはすべて忘れてしまうのです。嫌がるのに無理やりくっついていって、付き添って診察室に入って、先生に事情を話し状況を聞くeyeear。そんな親子が病院にとっても多いことにも気がつきました。「娘です」と言えば、先生も色々丁寧に説明をしてくださいます。糖尿病がもとになって様々な病気を引き起こすことなど付き添っていて私自身が改めて認識したり学ぶことも多くあります。血液検査などのデータ書類もきちんとファイルして、プライドを傷つけないように親を激励するこのごろですup。ありがたいことに、どの先生も80歳を過ぎた高齢者にもとても前向きで「定期的に検査を受けて、悪いところはできる限り直すようにしましょう。まだまだ元気でいられます。医療が進んでいるのだから、ちょっとしたことで健康を維持できる方法がたくさんある」とおっしゃいます。基本は食事と運動。少しの努力で血糖値やコレステロールの数値が下がるのですから。年にはかないませんが、できる限り元気にいてほしいと思いますlovely

| | コメント (0)

ピアノを弾く喜び

 私は、近くの老人ホームで時々ボランティアコンサートをさせていただいています。約1時間ほど、お話をしながらの和やかな時間です。

 震災以降、演奏家としての無力さや、自分が音楽をすることの意味、人に音楽を教えるということ、そして人と人が関るということ、真心とか思いやり、本当の優しさとか厳しさ、信頼、信念…たくさんのことについて考えています。いまだ答えは出ませんが、少し時が経って、まず自分自身がしっかり自分に向き合い、ピアノに向き合い、日々真摯に取り組むことをもう一度やろうと思っています。半年以上ご無沙汰していたのですが、「ホームの皆さんどうしていらっしゃるかなあ。震災後、お元気なのかなあ。」と思いました。そしてこの日、久しぶりにコンサートをさせていただいたのです。本格的なクラシック曲も懐かしい日本の歌も、皆さん喜んで聴いてくださいます。コンサートの後、そっと届けられるお手紙や贈り物。申し訳ない気持ちですが、「また来てください。」とのメッセージが一番嬉しいです。わざわざ作っていただいたのでしょう、可愛いピアノのケーキもいただいて、ありがとうございますpresent

20110617

| | コメント (0)

なんとか走りました!

 4月に引き続き、6月5日の市民マラソンに出場しましたrun。ここのところいろんなことで自分を省み、自身に問い続けることが続いています。精神的に落ち込むことも多く、パワーが戻りません。でも、そこから這い上がるエネルギーを求めている自分もいます。ここ7年ほど週に3~4回欠かさず続けているトレーニングや年に2~3回出るマラソンは、非日常的な自分になれて、しかも自分に直に向き合えるからできるのかもしれません。

 この日は無謀にも、事前練習は約4~5キロの軽いジョギングを3回ほどしただけ。歩いてもいいからなんとか10㎞完走のみを目指してトライ。季節がら気温も湿度も高くスタート直後からかなり辛くsweat01、「なんで走ってるんだろう?」「しんどくなったら止めよう」と弱気な私。と同時に共に走る多くのランナーを感じながら諦められない自分もいる。厳しい約1時間でしたが、でもなんとか走り切りました。終わってしまえば、どーってことないんですよね。普通の自分に戻っているのが不思議です。走ったあとは仲間とのお疲れ様会spabeerrestaurant。これがあるからやめられないのかもhappy02

camera 古城マラソンスタートの様子(福井新聞より)

Kojyomarason_20110605

 

| | コメント (0)

ちょっと疲れ気味

 ちょっとオーバーワーク気味で体調ダウンdownbearing。年齢的にバランスが悪くなるらしく、お医者様のチェックを受けていますが、無理をすると、とたんに具合悪くなり…。本当は無理せず余裕ある生活が望ましいのでしょうか、仕事ではそうも言っていられず、学生のレッスン&講義、自分の練習、デスクワークとやることたーくさんdash。時間が足りないです。私の小さな頭では抱えきれないのでしょうね。パンク寸前annoy。そうなると、パソコンに向かってブログを書く余裕が全くなくなり、写真の整理なんてとんでもないcamerasweat01パタッとフリーズするのですsnow。みなさんご理解くださいませfoot

| | コメント (0)

記録更新

 10月3日、曇り空cloudで風もあり、走るにはちょうど良い天候に恵まれ、私はまたまた走りましたrun。エントリーしていた6月のマラソンを体調不良で断念したので、夏の間、無理なく早朝トレーニングを重ね、ちょっといい感じup。マラソン仲間と朝8時過ぎ集合して気合いを入れ、ゴール地点での再会を誓ってそれぞれのペースで走りました。10㌔、練習量の少ない割にはいつもより調子が良かった感じで、なんとsign03昨年の記録を20秒あまり縮め記録更新。完走を祝う打ち上げ会は大いに盛り上がりましたbeer

Fukuimarathon1

Fukuimarathon2Fukuimarathon3 cameraおもしろい格好の人たちもたくさんいます。

Fukuimarathon4 cameraさすがに速い人はかっこいいlovely

Fukuimarathon5 Fukuimarathon6 Fukuimarathon7 cameraもしかして私sign02

| | コメント (0)

ハイ!ウォークツー

 突然、友人から、週末ウォーキング大会に出ないかと誘われました。7㌔、15㌔、25㌔のコースから選んで自由なペースで歩くのだと。1500円の参加費で、2日間参加できるそうで、その名は「越前・日本海 ハイ!ウォークツー」。今、早朝ウォーキングにはまっている私はちょうど土曜日の午前中オフだったので、参加することにしました。1日目は「日本海コース」。スタートは三国運動公園。長距離を歩く人は、バスで吉崎御坊まで運ばれてそこから三国まで歩いてきます。北潟湖畔、東尋坊、雄島、三国旧町内、龍翔館と名所を眺めながらのコース。2日目は「越前コース」で松岡町から、永平寺方面を歩くそうです。

Hiwalk1_2 Hiwalk2_2 camera朝8時45分、三国運動公園を出発。参加者は県内はもとより、石川、富山、滋賀、岐阜、三重、愛知、京都、大阪、兵庫、奈良、鳥取、高知から集まって、夫婦、親子、カップル、グループと年齢層も幅広く、みなさん全国各地で参加されているようです。

Hiwalk4_2 Hiwalk6_2 Hiwalk7_2 Hiwalk8_2 Hiwalk9_2

camera見慣れた通りをみんなと歩く。快晴の朝、美しい日本海。秋の雲が綺麗。

Hiwalk10_2 Hiwalk11_2 Hiwalk12_2 Hiwalk13_2 Hiwalk14_2 Hiwalk15_2 camera車ではあまり通らない裏道を通って歩く。炭火焼の美味しい魚屋さんのはまさかさん、酒まんじゅうの美味しいべにかさんの前も通り、良い匂い。

Hiwalk16_2 Hiwalk17_2 Hiwalk18_2 Hiwalk19_2 camera北前船で栄えた湊町。港座通り。北前船貿易で莫大な財を成した豪商の町屋「旧岸名家」前で休憩です。

Hiwalk20_2 camera三国祭の山車(やま)小屋

Hiwalk21_2 Hiwalk22_3 camera ちょうちん屋さん

Hiwalk23_2 camera鶯餅の老舗、大和甘林堂

Hiwalk24_2 Hiwalk25_2 camera三国駅前のメインストリートを横切って

Hiwalk26_2 Hiwalk27_2 camera作家・高見順の生家前

Hiwalk28_3 camera お蕎麦屋さん「盛安」

Hiwalk29_2 cameraみくに文化未来館前をとおり、

Hiwalk30_2 Hiwalk31_2 Hiwalk33_2 camera 坂道を上って、三国の文化・歴史が集まったミュージアム・龍翔館が美しい。

Hiwalk32_2 Hiwalk35_2 Hiwalk34_2  camera ウォーキング協会の旗と矢印が目印。自分の姿も記録して。

Hiwalk37_4 camera ↑は「上」へじゃなくて、「直進」ですよcoldsweats01

Hiwalk36_3 Hiwalk38_3 Hiwalk39_2 camera 約2時間で運動公園裏手へ戻ってきました。こんな風景もあったんだeye。森もジャンボ滑り台も新鮮

Hiwalk40_3 Hiwalk41_2 camera ゴールでは、ご褒美に冷たく凍ったあわら産のトマト「越のルビー」のお出迎え 

Hiwalk42_2 Hiwalk43_2 camera秋の空、なんだかとっても気持ちのいいウォーキングでした。完歩賞をいただきました。来年も歩くことができたら、次は距離を伸ばしますsign03 

| | コメント (0)

歩こう!歩こう!

 この夏、体重オーバーを気にし始めた夫が毎朝夕、家から約4~5㌔(約1時間)をウォーキングしています。朝は6時頃から、夕方は6時前から。珍しくここ一ヶ月ほど、本当に毎日毎日歩いているのです。大汗をかいて帰ってくるのですが、体重計にのり、体重と体脂肪をグラフにつけて目標値を目指しています。体重はそんなに簡単には減らないようですが、着実に脂肪が減っているのは認めます。父の入院で早起きをしていた私は、付き合って歩いてみようかと思い、一緒にトレーニングを始めました。猛暑の毎日、9月に入ったというのに、6時過ぎでも真夏の太陽ぎらぎらsunsunsun。帰宅する7時ころには30度を超えて、それはそれは暑いことsweat02。でも、体調に合わせて歩いたり、スロージョギングにしたり、なかなか快適です。マラソンにも良い影響が出るかもとちょっと期待runup。体がキュッと引き締まったら嬉しい。今日はカメラを持って出かけて、トレーニングコースの風景を撮りました。

camera家を出ると、まず、グランドゴルフ場。猛暑にも関わらず社長さんが毎日水やりをして、美しい芝生をキープ。森を出ると海に向かって坂道を下ります。

Walking1 Walking2 Walking3

camera夏の東尋坊近くの海。毎日快晴で波は穏やか。雄島も美しく見えて、休暇村そばの遊歩道にはかわいいお花も咲いています。

Walking4 Walking5 Walking6 Walking7 Walking8

camera綺麗な海mist。波打ち際にな・な・なんと、私の大嫌いな海藻軍団bearingワカメsign01

Walking9_2 Walking10

camera大好きひとやすみの像。「太郎ちゃん」を改名して「ユミ像君」と命名happy01

Walking11 Walking12 Walking13

camera休暇村のそばにあるキャンプ場。ロープーウェイに乗って遊んでから、森を小道を通って復路へ。

Walking14 Walking15

| | コメント (0)

プラス思考

 お盆明け、父が突然高熱を出しましたsweat01bearing。夏風邪だろうと思っていましたが一向に熱が下がらず、たまたま夫と実家に泊まった日、今度は膝に激痛が走り、歩けなくなりました。あわてて翌朝、病院へ行きました。お医者さんの診断は「儀痛風」にほぼ間違いなし。pencilhealth.goo.ne.jp/medical/search/10990700.html  でも、もしかして悪い菌が入っているかもしれないので、即、経過観察入院決定wobbly。検査・治療以前の問題です。安静を強いられ、観察結果でどうなるかわからないという不安に家族中ショックdown。「なんで~sign02どうなるのsign02」いつもこういう時は、最悪のことを考えて、これからどうなるのか頭がパニックになるのが私の悪い癖punch。でも、早期発見、治療をすればいいのだと思い直しました。幸い夏休みで、仕事にそれほど影響もなく実家の手伝いと病院通いが始まりました。

 毎朝早起きをし、集中して午前中練習をし、午後は母を連れて病院へhospital。帰りには母を連れて買い物をし、残りの時間で自身の仕事をこなし、自分のストレス解消にスポーツジムにも行き、実家に一日おきに泊まるというなんとも時間刻みの規則正しい毎日。まさに「夏休みの友」に書けるくらいの規則的スケジュールでした。これまで元気が当たり前だった父本人の不安とイライラは想像を超えるもので、病院から暇さえあれば携帯電話をしてくる毎日。子供のように駄々をこねる父の精神的サポートも難しいものでした。家族もひたすら良い結果を祈るのみthink。おかげさまで、熱も足の痛みも治まって結果はマイナス。ついでに食事療法で糖尿の再治療もでき、10日間の入院で無事退院しましたuphappy01

 突然の発作で家族中あわてて心配した10日間でしたが、父の入院は私の夏休みをダラダラ生活から規則正しいものにしてくれました。不安に思う家族の気持ちを和ませる役目も少しは果たせました。意識しないうちに起こっている日ごろの不摂生で体のどこかに悪いものが一気に集中して起こる病気も多いのですね。年齢に関係なく、バランスのとれた食事と(暴飲暴食は×sign03annoybeerbottlewinebarfastfoodcakenoodlebreadriceballcaferestaurantannoy)適度な運動で健康管理をしなければいけないことと、高齢と認めなければいけなくなった父の心身のサポートも認識した真夏の父の入院でしたthink

 

| | コメント (0)

またまた、なんで走るのかあ・・・?  

 6月6日、古城マラソンが開催されました。去年、あまりの蒸し暑さに苦しんだ記憶がありますが、考慮されてか、2週間ほど早まって、快晴の日曜日。うーん、早くスタートしないと気温が上がりそう・・・。私はエントリーしましたが、ここのところ体調が不安定で練習を全くしていなかったので、潔くwinkキャンセル、仲間の応援にまわりました。

 沿道から客観的にランナーを観察すると、やはりそれぞれが自分との闘い。自分が主役になれるのが市民マラソンの楽しさかもしれません。いろんな走り方があって、でも、それぞれが自分に挑んでいる感じがとても好きでした。ゲストランナーの市橋有里選手は、10キロで出場。さすがsign01このくらいはウォームアップ感覚なんでしょうね。スリムな体でフォームも美しく、リズミカルで楽しそう。にこにこ手を振ってくれました。やっぱり応援していると走りたくなるもの。次回、秋にはなんとかトレーニングを積んでまた走りたいと思いますup

Img_1988 Img_1989

| | コメント (0)

なんで走るのかなあ?

  桜がちらほら咲き始めた穏やかな日曜日、またまた10㌔走っちゃいました。約3000人のランナーが集い、スターターはあの有名な小出監督。元気な声に励まされ、春の福井市内を懸命に走りました。でもやっぱりつらかったcoldsweats02。とっても辛い時が三回くらいあるのですよ。当たり前です。練習も十分にしないままの参加なのですから。沿道の温かい声援に励まされ、なんとか完走しました。打ち上げで仲間の飲むビールbeerは最高sign03

Ekimaemarathon2Ekimaemarathon1Ekimaemarathon3 Ekimaemarathon4

| | コメント (0)

より以前の記事一覧